看護学科

ホーム看護学科 >看護学科

教育目的・教育目標

カリキュラム

取得資格

卒業後の進路

大学院・修士課程

講座(領域)

就職支援(学生・病院・施設の方へ)

看護学教育研究支援センター



><

佐賀大学医学部看護学科は,平成5年4月に九州初の4年制大学として旧佐賀医科大学医学部に設置され,平成14年の大学統合で佐賀大学医学部看護学科へ改組し,現在に至っております。
   看護は,どのような健康状態であっても,その人らしく生活することができるようにケアする専門職です。生命の誕生から死まで,人生のすべての時期にかかわります。近年,急速な高齢化,医療技術の進歩,疾病構造の変化などにより,医療に対する人々のニーズはますます高まっています。それに呼応して,質の高い看護を探求し,科学的に裏打ちされた知から技への転換を通して看護実践能力の育成を図り,生涯にわたり学び続けていく力を持つ看護職者が求められています。
   佐賀大学医学部看護学科では,「社会の要請に応え得る良き医療人の育成」という医学部の基本理念を基に,変化し進歩し続ける健康へのニーズや医療に対応できる高い看護実践能力をもつ看護職者の育成を目指しています。同時に,人の痛みや苦しみに共感し寄り添うことができるように,豊かな感性と人間性を育み,成熟させていくことも目指しています。
   佐賀大学医学部看護学科では,看護師教育を基盤に助産師・保健師教育に選抜制を採用し,地域から求められる専門職教育となるよう教育内容の充実を図っています。そのために,教育・研究・実践の豊かな実績を有する教員組織があり, 600床以上の大規模な附属病院でほとんどの実習ができ,医学科とも連携できる充実した教育研究環境を有しています。
   また,大学院修士課程(看護学専攻)では,看護学の教育・研究・実践において指導的役割を果たせる高度の専門性を有する看護職者を育成するための教育課程が組まれており,働きながら学べるシステムを作り,学生の個別性を重視した丁寧な教育・指導を行っています。
   佐賀大学医学部看護学科は,九州初の4年制看護大学及び大学院としての伝統に恥じないように,今後も看護学の発展に貢献できる人材の育成に向けて努力を続けます。

主体的に学ぶ力を育成します-少人数制
看護学実習の重視-1年次から系統的に実習します
チーム医療の協働を学ぶ
看護生涯学習の支援システム