看護学科

ホーム看護学科 >看護学科

教育目的・教育目標

カリキュラム

取得資格

卒業後の進路

大学院・修士課程

講座・分野

就職支援(学生・病院・施設の方へ)

看護学教育研究支援センター



><

近年、医学の急速な進歩と相まって健康や医療に対する人々のニーズはますます高くなっており、それに呼応して医療もさらなる高度化、専門化、多様化の方向に動いています。看護は様々な健康状態にある人々のケアを行う専門職であり、このような社会情勢の変化の中で今まさに、高度で専門的で多様なニーズに対応できるプロフェッショナルな看護職者が求められています。

 佐賀大学医学部の「社会の要請に応え得る良き医療人の育成」という基本理念の基に、看護学科では変化し進歩し続ける健康へのニーズや医療に対応できる、高い看護実践能力をもつ看護職者の育成を目指しています。質の高い看護を探求し、人々に提供するためには、科学的に裏打ちされた知から技への転換を通して看護実践能力の育成を図り、その向上に向け生涯にわたり学び続けていく力が求められます。また、実際の医療の現場は人間性が求められる場であり、人の痛みや苦しみに共感し寄り添うことができるように、豊かな感性と人間性を育み、成熟させていくことが必要です。

 医学部看護学科での4年間の特徴ある看護教育課程は、これらの基礎的能力を獲得するために構築されています。この佐賀大学での教育や多くの出会い、体験を通して、看護学を学ぶ楽しさに触れ、高い倫理観と的確な実践能力を持った看護職者として羽ばたいていかれることを期待しています。また、大学院修士課程(看護学専攻)では、看護学の教育・研究・実践において指導的役割を果たせるようなさらに高度の専門性を有する看護職者を育成するための教育課程が組まれており、学生の個別性を重視した丁寧な教育・指導を行っています。佐賀大学医学部看護学科は九州初の4年制看護大学および大学院としての伝統に恥じないように、今後も看護学の発展に貢献できる人材の育成に向けて努力を続けます。

主体的に学ぶ力を育成します-少人数制
看護学実習の重視-1年次から系統的に実習します
チーム医療の協働を学ぶ
看護生涯学習の支援システム