ホーム看護学科 > 母子看護学

母子看護学

小児看護学領域

What's new!

[2019/06/27] 2019年6月22日 東京で開催された小児保健学会に参加し、小児看護学領域では2演題発表しました。
アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の権威ある国立成育医療センター大矢先生、山本先生、NPO法人アレルギーを考える母の会会長,事務局長、スキンケアに取り組んでおられる研究者,アレルギーコーディネーターの方とアレルギーやスキンケアのお話しさせて頂き、大変学びが多い機会となりました。
スキンケア教室だけでなく、今後、アレルギーでお困りの御家族と子どもさんへの支援へとつなげていきたいと思っています。
講演や研修会は後日お知らせいいたします
[2019/06/27] 2019年4月15日 3年生の小児技術演習では、株式会社ひとまちのホワイトボード・ミーティング®の認定講師奥西春美先生にお越し頂きホワイトボードを活用したグループワーク(GW)の進め方やコミュニケーションについて、講義をしていただきました。
演習では、ホワイトボードを実際に用いて、小児白血病の事例を通じて支援内容をグループディスカッションしました。
学生からは、“意見を可視化できたことで情報共有しやすく、頭に入りやすかった”,“効果的なディスカッションができた”,“今後も活用したい”等の意見が聞かれました。
奥西先生、大変分かりやすい講義をしていただき、ありがとうございました。
これからは、アセスメント、看護診断、看護計画についてホワイトボード・ミーティング®を用いて、強みや課題、大切にしたいポイントやアイデア、今日から始めようと思う支援を考えていきます。

[2018/08/22] 2018年8月4日 第二回 九州山口遺伝看護・遺伝カウンセリング研修会が開催されました。
医師,クライアント,看護師の3名による血友病の最新の治療や看護及び家族の思いなどのご講演を頂き、
「貴重なお話が聞けて、とても良い機会になった」、「とても良い学びができた」と好評を博していました。
研修会に御参加頂きありがとうございました。

[2015/10/01] 9月30日に高齢者対象のスキンケア教室を開催しました。
一年生だけの学生講師で挑んだ全体教育・個別教育でしたが、とても堂々としていました。よく頑張られたと思います。
スキンケア教室は長期休暇期間限定の活動ですので、次回活動は冬休みを予定しています。

[2015/08/28] 今日は、本庄の文化教育学部の特別支援教育に関わる先生が支援している「のびルーム」でスキンケアについて学生が講義をしてきました。
小学生が相手なのは初めてでドキドキしていたようですが、子どももお母さん方も真剣に聞いていただけました。

[2015/08/21] 佐賀市北川副公民館でスキンケア教室を行いました。
今回は子どもの保育のために西九州大学子ども学部子ども学科の学生2名にも参加していただきました。

[2015/08/04] 今日は佐賀大学FD・SD研修会で「看護学生によるアトピー性皮膚炎を予防するスキンケア教室」について報告してきました。
これからも続けてくださいとのことでした。スキンケア教室の学生講師の皆さんの頑張りのおかげです。

スタッフ

教授 鈴木智惠子
助教 大坪美由紀

領域紹介

 小児看護学領域では、全ての子どもと家族を対象とし、その発達過程で生じる健康問題の解決のために必要な援助方法を教育・研究しています。子どもの健康や発達の状況や社会との関係などを理解し、保健医療チームのメンバーとして、子どもと家族の健康増進ができる実践的な小児看護の役割と機能について追及しています。子どもと家族が健やかに生活できるための看護を見出し、社会貢献できることを目標としています。

新たな取り組みとして、アクティブ・ラーニングの一つであるジグソー学習を用いて、小児看護技術演習でバイタルサイン測定や清潔援助,与薬援助の演習を行いました。学生からは分担したところは責任を持ってしなければならなかっため必死で取り組んだ、自己学習をしてほかの学生に説明することで自分のあやふやな点が良くわかった、学習が不足しているところはスマホで調べることができ、そのままにしないため普段よりも学べたとの意見がありました。また、今年度から発達支援の一つである遊びの援助についても実際に玩具を作成する等の演習を実施しております。